胎盤が土台のプラセンタに秘められた力

プラセンタは「胎盤」という意味です。
プラセンタにアンチエイジングなどの様々な効果を期待できるのは、元々プラセンタがお腹の赤ちゃんにとって非常に効果の高い栄養成分を送り込んでいたためです。

受精卵が子宮壁に着床した後大きく二つに分かれます。
一つが赤ちゃんでもう一つが胎盤です。
そしてこの二つはいわゆるへその緒で結ばれ、胎盤から多くの栄養素を赤ちゃんに送り込みます。

また通常の栄養素だけでなく、成長因子と呼ばれる成分も赤ちゃんに送り込まれます。
この成長因子は細胞分裂因子とも呼ばれる成分で、グロースファクターと呼ばれることもあります。

文字通り成長因子は赤ちゃんの細胞を成長させてくれる成分です。
細胞分裂を促進させ、赤ちゃんの驚異的な成長を支えます。

以上のような働きがあるプラセンタですが、その有効成分は私たちも利用することができます。
化粧品やサプリメント、ドリンクなどといったものとして加工されて販売されています。

プラセンタ製品には赤ちゃんの成長を促した成長因子がやはり大きな効果を発揮します。
私たちの体内に取り込まれた成長因子は私たちの細胞の分裂を促してくれます。

肌に対してはシミやそばかす、シワなどの解消に繋がり、内臓などに対してもその機能を向上させ、働きを強化します。
強化された内臓は私たちの消化吸収力を高め、身体の健康増進に大いに役立ってくれます。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 体力回復と美容効果