プラセンタ注射をすると出来なくなることとは?

プラセンタ注射を行った場合献血ができなくなります。
2006年に厚生労働省によって決められました。
これはヤコブ病と呼ばれる病気との関係性がまだ解明されていないことによるものです。
必ずしもプラセンタ注射を受けると感染するという話ではありません。

また、エイズや肝炎といった、輸血によって引き起こされる可能性のある感染症の問題もあります。
輸血された血液の安全性を考慮されています。

献血が禁じられているのは人の胎盤によるプラセンタ注射を行った方のみで、化粧品やサプリメントなどのプラセンタは対象外となっています。
豚や植物から抽出されたプラセンタ成分に関しては問題ないので、献血を行うことも可能です。

必ずしも人の胎盤によるプラセンタ注射が感染症に繋がるというわけではもちろんありません。
可能性として感染症が引き起こされる場合があり、献血によって被害が広がる危険を回避するために、プラセンタ注射を行った方の献血が禁止されているのです。

以上のようにプラセンタ注射を行う際は、輸血禁止などの禁止事項があることをしっかりと念頭に置いておくことが大切です。
禁止事項を確認したうえで注射を行い、治療のリスクを充分に認識し責任を持った行動をすることが重要であり、感染症などのリスク回避に繋がるのです。
こちらに プラセンタの安全性や得られる効果一覧と、摂取方法がいくつか紹介されていたり、人気のプラセンタランキングがありますので参考にしてください。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 体力回復と美容効果