どれが買い?馬・豚・羊・牛・プラセンタ

プラセンタにはその原料の違いによって種類があります。
馬や豚、羊、牛などです。

馬プラセンタは必須アミノ酸の配合量が豊富です。
美容と健康のどちらにおいても高い効果を得ることができます。
アミノ酸に関しては豚の約20倍のものが含まれていると言われております。

馬は一回の出産で一頭しか生まれないため、プラセンタの濃度も高くなっています。
また病原菌に感染しづらいという特色があるので、安全面においても優れたものであると言えます。

豚プラセンタも人気があります。
サプリメントなども豚由来のものが多く流通しております。
プラセンタの分子構造が人間に近い為吸収率という面で優れていると言えます。
値段は比較的安いのも魅力の一つです。

羊プラセンタは人間の体内においての適応性が高い為、アレルギーを起こしづらいという特徴があります。
羊は本来的に病気にかかりづらいので安全面という意味でも評価が高いと言えます。
ニュージーランド産の羊プラセンタなどは品質の面でも非常に高く評価されています。

牛プラセンタに関しては狂牛病の問題から減少してきています。
現在は殆ど見かけることが少なくなりました。

ヒトのプラセンタもあります。
産婦人科などで手に入れることができますが、ヒトプラセンタ注射を行った場合は、感染症の予防の観点から献血が禁止されます。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 体力回復と美容効果