プラセンタが高濃度なら何でも良いという訳ではありません

プラセンタサプリメントなどはその濃度が大事になりますが、濃度が高ければよいというわけでもありません。
プラセンタにはその原料に種類があり、それぞれの特性がありますので参考にして購入するのがいいでしょう。

まずはじめは馬由来のプラセンタです。
馬由来プラセンタはアミノ酸の配合度が非常に高いのが特徴です。
というのも馬は一回の出産で一頭しか生まれないため、そのプラセンタも価値の高いものとなっています。

豚プラセンタは吸収力がウリです。
人間の分子構造に似ているため吸収率が高く、効率よくプラセンタを吸収できます。
価格も低めに設定されていますのでお求めやすく、人気の高いプラセンタといえます。

羊プラセンタはアレルギーを起こしにくいという特徴があります。
また羊自体病気にかかりにくい動物ですので、安全面においても特筆すべき点があります。
他にも原料以外にその飲み易さといった点についても検討する余地があります。

プラセンタはどうしても獣臭いにおいがしますので、飲み口に抵抗を感じる方も少なくありません。
その欠点を補ったものとして、フルーツの味のサプリメントやゼリー状のものが市販で売られています。
匂いや味が苦手中でも飲み易いものですので、お試しください。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 体力回復と美容効果