みんなの疑問!プラセンタとコラーゲンの大きな違い

プラセンタとコラーゲンは同じようにサプリメントとして販売されていますが、成分と作用が全く違います。

またプラセンタは厚生労働省から医薬品としての許可を得ており、病院での治療の一環としてプラセンタ注射があるくらいです。

プラセンタには基本的な栄養素の他、ミネラル、ビタミン、必須アミノ酸、成長因子などが含まれています。
赤ちゃんを急激に成長させるのに役に立つものでありますから、確かに栄養成分は豊富に含まれています。

厚生労働省はプラセンタの疲労回復効果、健康増進効果、各種疾患の早期回復効果、美肌効果などを認めており、その点で単なる食品としてのコラーゲンとは違いがあります。
作用としては、プラセンタは細胞を活性化させる働きがあり、線維芽細胞に働きかけることで肌や体調に効果的です。

コラーゲンは肌などを生成する際の原料となる成分です。
細胞を活性する働きはありませんが、肌などの素となる成分であると言えます。
コラーゲンの場合はコラーゲン単体だけではなく、ビタミンCやプラセンタを併せて配合してあるケースが目立ちます。

コエンザイムQ10 http://academyofcosmetology.net/2.htmlも美容効果が大変すぐれていると注目されています。そんなコエンザイムQ10とプラセンタの比較もしてみましょう。

肌にとってはどちらも効果的に働きかけますので、一緒に服用することで肌にとって十分な効果を得ることができるのです。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 体力回復と美容効果