プラセンタが危険と言われる第一の原因

プラセンタは天然由来の成分ですので使用について危険性はあまりないということができます。

ただし狂牛病騒ぎが起こっていた際は、大事を取って牛のプラセンタなどの反芻動物のものの利用が一時厚生労働省によって使用を控えるようなこともありました。
現在では通常通り使用されています。

また成分表示に誤った記載がされているプラセンタ製品があることがあり、そのようなものに関しては注意が必要です。
効果が思うように実感でき無い場合などは成分の誤表示を疑ってみて、口コミなどにそのような噂が他にもないか調べてみることをお勧めします。

また誤った成分表示に関係することですが、プラセンタの濃度を偽っている製品も稀に存在するようです。
これらも口コミの中で注意を呼び掛けているものもありますので参考にしてみるのがよいでしょう。

たとえばアミノ酸を混合させているにも関わらず、「プラセンタ含有量100%」を謳っているなどの製品です。
使用してみて思ったような効果が得られない場合は誤表示の可能性がありますので、確認をしてみましょう。

プラセンタ注射に関しては、ヒト由来のプラセンタ注射を行った場合のみ、献血が禁止されています。
というのもヤコブ病や肝炎などの、その原因が現代医学によってまだ解明されていない病気の感染を防ぐために、ヒト由来のプラセンタ注射を行った場合は献血が禁止されています。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 体力回復と美容効果