プラセンタ利用者の献血制限とは?

プラセンタ使用者には禁止されていることがあります。
それは献血です。
といってもプラセンタサプリメントやドリンク、化粧水によるプラセンタ摂取に関しては特に問題ないのですが、プラセンタ注射を行った場合、特に人胎盤由来の注射薬を使用した場合に限って、献血が禁止されています。

これは感染症を防ぐ目的があります。
特にヤコブ病に関しては現代の医学で解明しきれていない点もあるため、安全性を考慮して献血が制限されているのです。
肝炎の感染拡大の可能性も指摘されています。

ただ勘違いしてしまいかねないのが、プラセンタ注射を行うことで感染症になりかねないのではないかという不安です。
今のところプラセンタ注射によるヤコブ病の感染は確認されておりません。
あくまで理論的に感染症のリスクが否定できないということで、感染リスクをなるべく低く抑えるために日本赤十字社が予防的な対応を取っているのです。

ですのでプラセンタ注射によって感染症に感染する恐れが大きいということではないのです。
あくまでも可能性として否定できないというレベルであって、献血が禁止されています。

もちろん他のプラセンタサプリメントやドリンク、化粧水に関しては、使用していても献血を行うことが可能です。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 体力回復と美容効果