プラセンタ注射は35歳以上だと保険が適用される

プラセンタ注射は女性の場合35歳以上ですと、更年期障害として保険適応されるケースがあります。

保険の適応の可否は、お医者さんによるところが大きいのですが、特に更年期障害としての症状がない場合であっても、35歳以上の女性であれば保険を適用してくれる病院は多いようです。
プラセンタの効果がある病気はこちらに一覧としてまとめてあります。

以前は美容外科で注射を打ってもらうのが主流でしたが、最近では内科や皮膚科、心療内科をはじめとする様々な科で施術してもらえます。
内科や皮膚科では500円ほどで打ってもらえるところも多いようです。

病院によって料金は異なりますが、使われるプラセンタは同じです。
日本のプラセンタ注射では「ラエンネック」と「メルスモン」の2種類が使われています。
ラエンネックは肝臓の疾患に関して保険が適応され、メルスモンは更年期障害に関して保険が適用されることになっています。

美容目的としてプラセンタ注射を行う女性が多いイメージがあるかもしれませんが、肌への効果よりもむしろ疲労の回復や体力の向上としての効果が確認されるケースが多いようです。

肌への効果は一度の注射ではなかなか効果を実感することは難しく、何度か打ち続けるうちに徐々に効果が出てくるというのが一般的のようです。
注射以外にもプラセンタドリンクや配合化粧品などがありこれらは簡単に摂取することができます。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 体力回復と美容効果